< スポンサーリンク >

Excel セルの書式設定の色々な表示の仕方

Excelでよく使うセルの書式設定の色々な表示の仕方の記録です。

セルの書式設定は、数値や日付、文字列にしたり、文字の配置も左寄せ、右寄せ、フォントの大きさ、罫線など使う頻度は多いですね。

Excel2016です。

 

セルを右クリックして表示する

セル上で右クリックし、[セルの書式設定]をクリックすると、セルの書式設定が表示されます。

Excelセルの書式設定

Excelセルの書式設定

 

リボンから表示する

リボンの[フォント]のダイアログボックスランチャーをクリックすると、[セルの書式設定]の[フォント]タブが表示されます。

Excelセルの書式設定

Excelセルの書式設定

 

リボンの[配置]のダイアログボックスランチャーをクリックすると、[セルの書式設定]の[配置]タブが表示されます。

Excelセルの書式設定

Excelセルの書式設定

 

リボンの[数値]のダイアログボックスランチャーをクリックすると、[セルの書式設定]の[表示形式]タブが表示されます。

Excelセルの書式設定

Excelセルの書式設定

 

ショートカットキーを使って表示する

[Ctrl]キー + [!]キーを同時に押すと、[セルの書式設定]が表示されます。

※前回開いていたタブの部分が表示されます。

Excelセルの書式設定

 

個人的にはショートカットで表示させるのが一番簡単で好きです。

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

関連ページ

このページの先頭へ