Excel ○ヶ月後や○ヶ月前の最終日を取得する-EOMONTH関数

Excelで○ヶ月後や○ヶ月前の最終日を取得する方法を記録します。

○ヶ月後や○ヶ月前の最終日を取得するには、EOMONTH関数が使えます。

< スポンサーリンク >

 

下図はExcel2016です。

 

関数

 

開始日から起算して、指定された月数だけ前または後の月の最終日に対応するシリアル値を返します。 この関数を使用すると、月末に発生する満期日や支払日を計算することができます。

EOMONTH(開始日, 月)

開始日=必須。 起算日を表す日付を指定します。 日付は、DATE関数を使って入力するか、他の数式または他の関数の結果を指定します。 たとえば、2008年5月23日を入力する場合は、DATE(2008,5,23) を使用します。 日付を文字列として入力した場合、エラーが発生することがあります。

月=必須。開始日から起算した月数を指定します。[月]に正の数を指定すると起算日より後の日付を返し、負の数を指定すると起算日より前の日付を返します。

 

開始日に無効な日付を指定すると、エラー値 #NUM! が返されます。

開始日と月との和が無効な日付である場合、エラー値 #NUM! が返されます。

月に整数以外の値を指定すると、小数点以下は切り捨てられます。

 

セルA1に入力されている日付から1ヶ月後の最終日をB1に表示します。

=EOMONTH(A1,1)

Excel関数EOMONTH

 

B1はシリアル値で表示されるので、日付型に変更します。

B1を右クリック>[セルの書式設定]をクリックします。

Excel関数EOMONTH

 

[表示形式]の[分類]を「日付」にし、[OK]をクリックします。

Excel関数EOMONTH

 

1ヶ月後の最終日が表示されました。

Excel関数EOMONTH

 

1ヶ月前の最終日を表示したい場合は、引数の[月]を負の数(-1)にします。

Excel関数EOMONTH

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ