< スポンサーリンク >

Excel行や列の合計を一気に計算させる

Excelで表を作った時にSUMで合計を出すことは頻繁にあります。

合計を出したいセルでSUMで計算させて、そのセルを行や列でコピーすることもあります。

小さい表だとそんなに手間はかかりませんが、大きい表だと面倒ですね。

 

オートSUMという一発で計算できる便利な機能の記録です。

 

列(縦)の合計を一発で計算させる

計算させたい表のデータ部分を選択します。

オートSUM

 

リボンの[ホーム]の[オートSUM]ボタンをクリックします。

オートSUM

 

列(縦)の計算ができました。

オートSUM

 

行(横)の合計を一発で計算させる

計算させたい表のデータ部分+計算結果を表示させたい部分まで選択します。

オートSUM

 

リボンの[ホーム]の[オートSUM]ボタンをクリックします。

オートSUM

 

行(横)の計算ができました。

オートSUM

 

列と行(縦と横)の合計を一発で計算させる

計算させたい表のデータ部分+計算結果を表示させたい部分まで選択します。

オートSUM

 

リボンの[ホーム]の[オートSUM]ボタンをクリックします。

オートSUM

 

列と行(縦と横)の計算ができました。

オートSUM

 

簡単な操作ですが、この機能を知っているとかなり便利です。

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

関連ページ

このページの先頭へ