Excel VBA 保存時のメッセージを表示せずに上書き保存する-DisplayAlerts

Excel VBAでブックの保存を実行する場合、「.xls」などの下位バージョンに保存すると「互換性チェック」のメッセージが出ることがあります。

ExcelVBAメッセージ

 

「DisplayAlerts」を使って、メッセージを出さないようにする方法を記録します。

 

< スポンサーリンク >

 

書き方

メッセージを出さない

Application.DisplayAlerts = False

メッセージを出す(既定)

Application.DisplayAlerts = True

規定値は「True」。

マクロの実行中に、ユーザーに入力を促すメッセージや警告メッセージを出さず、既定の応答が自動的に選択されるようには、「False」を設定します。

 

保存のときに互換性チェックなどのメッセージを出さないようにします。

※メッセージを出さないように設定したあとに、Trueに戻しておく方がいいと思います。

Sub test()
    Application.DisplayAlerts = False
    ThisWorkbook.Save
    Application.DisplayAlerts = True
End Sub

ExcelVBAメッセージ

 

ブックを閉じるときに、保存するかどうかのメッセージを出さないようにします。

※保存されずに閉じられます。

Sub test()
    Application.DisplayAlerts = False
    ThisWorkbook.Close
    Application.DisplayAlerts = True
End Sub

ExcelVBAメッセージ

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

関連ページ

このページの先頭へ