Excel VBA ステータスバーを表示・非表示にする-DisplayStatusBar

Excelを使っているとたくさんの行があり、1行でも多く画面に表示したいときにステータスバーを非表示にすることがあります。

ステータスバーをVBAで表示、非表示にするには「DisplayStatusBar」プロパティを使います。

その記録です。

下図は、Excel2016です。

< スポンサーリンク >





DisplayStatusBarプロパティの構文

式.DisplayStatusBar

ステータスバーが表示されている場合はTrue。読み取り・書き込みが可能なBoolean型。

式=Applicationオブジェクト。

 

DisplayStatusBarプロパティの使用例

ステータスバーを非表示にしてみます。

Sub test()
    Application.DisplayStatusBar = False
End Sub

Exceldisplaystatusbar

Exceldisplaystatusbar

 

ステータスバーを表示してみます。

Sub test()
    Application.DisplayStatusBar = True
End Sub

Exceldisplaystatusbar

Exceldisplaystatusbar

 

 

< スポンサーリンク >