Excel 特定のセルから一定の右や下にあるセルを特定する-OFFSET関数

Excelで「特定のセルから右に○個、下に○個のセル」というようなセルを操作したい時があります。

そんな時は「OFFSET関数」を使うと便利です。

下図はExcel2016です。

Excel関数offset

 

< スポンサーリンク >

 

関数

セルまたはセル範囲から指定された行数と列数だけシフトした位置にあるセル範囲の参照を返します。 返されるセル参照は、単一のセル、セル範囲のいずれかの参照です。 また、返されるセル参照の行数と列数を指定することもできます。

OFFSET(基準, 行数, 列数, [高さ], [幅])

基準=必須。OFFSETの基準となる参照を指定。 参照は、セルまたは隣接するセル範囲を参照する必要があり、それ以外の場合は、エラー値 #VALUE! が返されます
行数=必須。基準の左上隅のセルを上方向または下方向へシフトする距離を行数単位で指定。正の数を指定すると開始位置の下方向へシフトし、負の数を指定すると開始位置の上方向へシフトします。
列数=必須。結果の左上隅のセルを左方向または右方向へシフトする距離を列数単位で指定。正の数を指定すると開始位置から右方向へシフトし、負の数を指定すると開始位置から左方向へシフトします。
高さ=省略可能。OFFSET参照の行数を指定します。 高さは正の数である必要があります。
幅=省略可能。OFFSET参照の列数を指定します。 幅は正の数である必要があります。

  • 参照する行または列がワークシートの端よりも外側になる場合は、エラー値 #REF! が返されます。
  • 高さまたは幅を省略すると、基準のセル範囲と同じ行数または列数であると見なされます。
  • OFFSET関数は、実際にセルを移動させたり、選択対象を変更したりしないで、ただセル参照を返すだけです。OFFSET関数は、セル参照を引数として使う関数と共に使います。たとえば、数式 SUM(OFFSET(C2,1,2,3,1)) では、セルC2を基準とし、セルC2から下方向に1行、右方向に2列シフトし、高さが3行で幅が1列のセル範囲の値を集計します。

 

F1のセルにA1のセルから下に2行、右に1列の場所にあるセル(B3)の値を表示しています。

=OFFSET(A1,2,1)

Excel関数offset

 

F2のセルにA1のセルから下に2行、右に1列の場所にあるセル(B3)から2行分、2列分の値を合計しています。

=SUM(OFFSET(A1,2,1,2,2))

Excel関数offset

 

F3のセルにA1のセルから下に1行、左に1列の場所にあるセルの値を表示しようとしましたが、存在しないセルなのでエラーが表示されています。

=OFFSET(A1,1,-1)

Excel関数offset

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ