LOOKUP

商品と金額、番号と名前など関連づけられた表の中から、指定した値と同じ行の別の列の値を表示する方法を記録します。

< スポンサーリンク >





書式

LOOKUP(検査値, 検査範囲, [対応範囲])

検索値=必須。LOOKUPが最初のベクトルで検索する値。検査値には、数値、文字列、論理値、または値を参照する名前やセル参照を指定。
検査範囲=必須。1行または1列のみの範囲を指定します。
    検査範囲には、文字列、数値、または論理値を指定。※検査範囲に入力されている値は、… -2、-1、0、1、2 …、A~Z、ア~ン、FALSE、TRUE のようにコード順の昇順に配置されている必要があります。そうでない場合、LOOKUP関数は正しい値を見つけることができません。 英字の大文字と小文字は区別されません。
対応範囲=省略可能。1行または1列のみの範囲を指定。対応範囲は検査範囲と同じサイズであることが必要です。

・検査値が見つからない場合、検査範囲内で検査値以下の最大値が、一致する値として使用されます。
・検査値が検査範囲に含まれる最小値よりも小さい場合は、エラー値#N/Aが返されます。

 

説明

LOOKUP関数は、1行または1列のみのセル範囲、または配列に含まれる値を返します。LOOKUP関数には、ベクトル形式と配列形式の2種類の書式があります。

ベクトル形式

【求める結果】

1行または1列のみのセル範囲 (ベクトル) を検査範囲として検査値を検索し、検査値が見つかると、セル範囲の次の行または列の同じ位置にある値を返します。

【用途】

ベクトル形式のLOOKUP関数を使用するのは、検索する値のリストが大きい場合や、値が経時変化する場合です。

 

配列形式

【求める結果】

配列の先頭行または先頭列から検査値を検索し、検査値が見つかると、配列の最終行または最終列の同じ位置にある値を返します。

【用途】

配列形式のLOOKUP関数を使用するのは、検索する値のリストが小さい場合や、値が経時変化しない場合です。

メモ

・LOOKUP関数をIF関数の代わりに使用して、関数の入れ子の制限を超えるテストを行うこともできます。
・LOOKUP関数が正しく機能するように、検索されるデータを昇順で並べ替える必要があります。昇順で並べ替えられない場合は、VLOOKUP、HLOOKUP、またはMATCHの各関数の使用を検討します。

 

ある果物を指定したら、値段が表示されるようにしてみます。

=LOOKUP($D$2,$A$2:$B$5)

LOOKUP

 

配列を指定し、3と入力されたら「三」と表示されるようにしてみます。

=LOOKUP(A1,{1,2,3},{“一”,”二”,”三”})

LOOKUP

 

< スポンサーリンク >