Excel VBA タイトルバーに任意の文字を表示する-Caption

Excelの画面の一番上にあるタイトルバーには、『ファイル名』と『Excel』と表示されいます。

その『Excel』の部分に任意の文字を表示したい時の記録です。

会社名や部署名、何ための作業なのかということを表示することができて便利です。

下図は、Excel2016です。

ExcelCaption

 

< スポンサーリンク >

 

構文

式.Caption

Microsoft Excelウィンドウのタイトルバーに表示される名前を表す文字列型(String)の値を取得または設定。

名前を設定しない場合、またはEmptyを設定した場合、このプロパティは"Microsoft Excel"を返します。

式=Applicationオブジェクト。

 

『ファイル名』と『○○会社』と表示してみます。

Sub test()
    Application.Caption = "○○会社"
End Sub

ExcelCaption

ExcelCaption

ブック起動時に設定されるようにすると、便利です。

Excel VBA ブック起動時に自動的に実行する-Auto_Open

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ