Excel 数値を指定の桁数で切り捨てる-ROUNDDOWN関数

Excelで数値を指定の桁数で切り捨てるには、ROUNDDOWN関数を使います。

< スポンサーリンク >

 

下図はExcel2016です。

 

関数

数値を指定された桁数で切り捨てます。

ROUNDDOWN(数値, 桁数)

数値=必須。切り捨ての対象となる実数値を指定。
桁数=必須。数値を切り捨てた結果の桁数を指定。

  • ROUNDDOWN関数の機能は、ROUND関数に似ていますが、常に数値が切り捨てられる点が異なります。
  • 桁数に正の数を指定すると、数値の小数点以下について、指定した桁数の右側が切り捨てられます。
  • 桁数に0を指定すると、数値は最も近い整数として切り捨てられます。
  • 桁数に負の数を指定すると、数値の小数点の左側 (整数部分) が切り捨てられます。

 

A列の数値を小数点以下を切り捨てて、B列に表示しています。

=ROUNDDOWN(A1,0)

Excel関数ROUNDDOWN

 

A列の数値を小数点第2位より右を切り捨てて、B列に表示しています。

=ROUNDDOWN(A1,2)

Excel関数ROUNDDOWN

 

A列の数値を10の位より下を切り捨てて、B列に表示しています。

=ROUNDDOWN(A1,-1)

Excel関数ROUNDDOWN

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ