Excel 数値を偶数に切り上げる-EVEN関数

Excelで数値を偶数に切り上げるには、EVEN関数を使います。

< スポンサーリンク >

 

下図はExcel2016です。

 

関数

指定した数値を最も近い偶数に切り上げた数値を返します。この関数は、2個単位で扱われるアイテムを処理する場合に使用できます。たとえば、1つまたは2つのアイテムを並べて入れられる梱包用の箱があるとします。この場合、アイテム数を偶数に切り上げると、アイテム数と箱の容量が一致するときに箱はいっぱいになります。

EVEN(数値)

数値=必須。丸めの対象となる数値を指定。

  • 数値に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。
  • 数値の符号に関係なく、切り上げられた値の絶対値は、数値より大きくなります。 数値が偶数の場合、切り上げは行われません。

 

A列の数値を偶数に切り上げて、B列に表示してみます。

=EVEN(A1)

Excel関数EVEN

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ