Excel VBAでSUM関数を使って合計する

Excel VBAでワークシート関数の「SUM」を使って合計する記録です。

下図はExcel2016です。

VBAでSUM関数

 

< スポンサーリンク >

 

書き方

WorksheetFunction.Sum(Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6, Arg7, Arg8, Arg9, Arg10, Arg11, Arg12, Arg13, Arg14, Arg15, Arg16, Arg17, Arg18, Arg19, Arg20, Arg21, Arg22, Arg23, Arg24, Arg25, Arg26, Arg27, Arg28, Arg29, Arg30)

引数リストに含まれる数値をすべて合計します。

Arg1~Arg30=必須。数値1~30個の引数で、合計値または合計を求める引数を指定します。戻り値は倍精度浮動小数点型(Double)です。

 

B2~B4の合計値をメッセージで表示します。

Sub test()
    MsgBox WorksheetFunction.Sum(ActiveSheet.Range("B2", "B4"))
End Sub

VBAでSUM関数

VBAでSUM関数

 

B2~D4の合計値をメッセージで表示します。

Sub test()
    MsgBox WorksheetFunction.Sum(ActiveSheet.Range("B2", "D4"))
End Sub

VBAでSUM関数

VBAでSUM関数

 

B~D列のそれぞれの列の合計値を5行目に入力します。

Sub test()
    Dim ws As Worksheet
    Dim i As Long

    '変数にアクティブシートをセット
    Set ws = ActiveSheet

    'A5に項目名を入力
    ws.Range("A5").Value = "合計"

    'B5~D5にそれぞれの列の合計を入力
    For i = 2 To 4
        With ws
            .Cells(5, i).Value = WorksheetFunction.Sum(.Range(.Cells(2, i), .Cells(4, i)))
        End With
    Next i
End Sub

VBAでSUM関数

VBAでSUM関数

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ