CountA

Excel VBAでワークシート関数の「CountA」を使ってデータが入力されているセルの数を求める記録です。

下図はExcel2016です。

 

< スポンサーリンク >



 

構文

WorksheetFunction.CountA(Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6, Arg7, Arg8, Arg9, Arg10, Arg11, Arg12, Arg13, Arg14, Arg15, Arg16, Arg17, Arg18, Arg19, Arg20, Arg21, Arg22, Arg23, Arg24, Arg25, Arg26, Arg27, Arg28, Arg29, Arg30)

Arg1-Arg30=必須。Variant。カウントする値を表す1~30個の引数。

戻り値:倍精度浮動小数点型(Double)

引数リストの各項目に含まれるデータの個数の合計を返します。

CountAメソッドでは、エラー値や空白文字列(””)を含め、すべてのデータ型の値が計算対象となります。ただし、空白セルだけは計算の対象となりません。

論理値、文字列、またはエラー値をカウントする必要がない場合は、count関数を使用します。

 

アクティブシートのA1~A3のセルで、空白ではないセルの数をメッセージで表示します。

Sub test()
    MsgBox WorksheetFunction.CountA(ActiveSheet.Range(“A1:A3”))
End Sub

CountA

 

CountA

 

< スポンサーリンク >