CountBlank

Excel VBAでワークシート関数の「CountBlank」を使ってデータが空白セルの数を求める記録です。

下図はExcel2016です。

 

< スポンサーリンク >



 

構文

WorksheetFunction.CountBlank(Arg1)

Arg1=必須。データ型はRange。空白セルの個数を求めるセル範囲を指定。

戻り値:倍精度浮動小数点型(Double)

指定された範囲に含まれる空白セルの個数を返します。

空白文字列(””)を返す数式が入力されているセルも計算の対象となります。
ただし、数値の0を含むセルは計算の対象となりません。

 

アクティブシートのA1~A5のセルで、空白セルの数をメッセージで表示します。

Sub test()
    MsgBox WorksheetFunction.CountBlank(ActiveSheet.Range(“A1:A5”))
End Sub

CountBlank

 

CountBlank

 

< スポンサーリンク >