Excel VBA 開いているExcelウインドウの数を数える-Count

Excelでマクロで色々な操作をしているときに、「今、ウィンドウがいくつ開いているのかな?」とウィンドウの数を数えたいときがあるので、その記録です。

 

ウィンドウの数を数えるには、「Count」を使います。

< スポンサーリンク >

 

下図はExcel2016です。

 

構文

式.Count

コレクションに含まれるオブジェクトの数を表す長整数型(Long)の値を返します。

 

ウィンドウがいくつ開いているかメッセージを表示します。

ExcelVBACount

 

Sub test()
    MsgBox Windows.Count
End Sub

ExcelVBACount

 

上記のプロシージャを実行すると、開いているウィンドウの数が表示されました。

ExcelVBACount

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ