Excel VBA セルの値を取得する-Value

ExcelVBAセルの値取得する方法を記録します。

セルへの値の取得は「Value」プロパティを使います。

< スポンサーリンク >





「Value」プロパティ構文

Rangeオブジェクト.Value

 

VBAでセルの値を取得する例

指定したセルの値を取得する

指定したセルの値を取得し、メッセージで表示してみます。

VBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Dim a as Variant
    a = Range(“A1”).Value
    Msgbox a
End Sub

VBAセル値取得

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセル(A1)の値がメッセージで表示されます。

VBAセル値取得

 

アクティブなセルの値を取得する

アクティブなセルの値を取得し、メッセージで表示してみます。

VBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Dim a as Variant
    a = ActiveCell.Value
    Msgbox a
End Sub

VBAセル値取得

 

書き込んだVBAを実行するとアクティブなセルの値がメッセージで表示されます。

VBAセル値取得

 

< スポンサーリンク >※広告先のお問い合わせは広告主様にお願いします