Excel VBA 簡易印刷の設定をする

Excel VBAでワークシートを印刷する時に簡易印刷の設定をする方法を記録します。

簡易印刷に設定すると、セルの背景色・グラフ・図形などが印刷されません。

< スポンサーリンク >

 

簡易印刷に設定するには「PageSetup」オブジェクトの「Draft」プロパティを使います。

ExcelVBA簡易印刷

 

書き方

WorkSheetオブジェクト.PageSetup.Draft = TRUE or FALSE

TRUE = 簡易印刷オン
FALSE = 簡易印刷オフ

 

簡易印刷設定

ワークシートに下図のように入力されているとします。

ExcelVBA簡易印刷

 

簡易印刷に設定して、印刷プレビューで表示してみます。

Sub test()
    ActiveSheet.PageSetup.Draft = True
    ActiveSheet.PrintPreview
End Sub

ExcelVBA簡易印刷

ExcelVBA簡易印刷

 

簡易印刷の設定をオフにして、印刷プレビューで表示してみます。

Sub test()
    ActiveSheet.PageSetup.Draft = False
    ActiveSheet.PrintPreview
End Sub

ExcelVBA簡易印刷

ExcelVBA簡易印刷

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ