< スポンサーリンク >

Excel マクロにショートカットキーを割り当てる

Excelでマクロをショートカットキーを割り当てて、ショートカットキーで実行する方法を記録します。

 

マクロ新規作成時にショートカットを割り当てる

マクロの記録を開始する時にショートカットキーに割り当てたいキーを入力し、あとは通常通りマクロの設定をする。

マクロショートカット

 

既に記録されているマクロにショートカットを割り当てる

マクロを呼び出し、ショートカットキーを割り当てたいマクロを選択し、[オプション]をクリックします。

マクロショートカット

 

ショートカットキーに割り当てたいキーを入力し、[OK]をクリックします。

マクロショートカット

 

閉じます。

マクロショートカット

 

Ctrlキー+Shiftキーに設定する

ショートカットキーを割り当てる時に、Shiftキーを押しながら割り当てたいキーを押すと

Ctrl + Shift + キー

に設定できます。

マクロショートカット

 

ショートカットキーを削除する

『既に記録されているマクロにショートカットを割り当てる』で呼び出したマクロで、ショートカットキーの欄を空欄にするとショートカットキーは削除されます。

マクロショートカット

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ