保存

Excel VBAでワークブックの「名前を付けて保存」と「上書き保存」の方法を記録します。

 

< スポンサーリンク >



 

構文

名前を付けて保存

Workbookオブジェクト.SaveAs(FileName、 FileFormat、 Password、 WriteResPassword、 ReadOnlyRecommended、 createbackup、 accessmode、 ConflictResolution、 addtomru、 textcodepage、 TextVisualLayout、 Local)

ブックへの変更を別のファイルに保存します。

上書き保存

Workbookオブジェクト.Save

指定されたブックへの変更を保存します。

 

名前を付けて保存

アクティブなブックに名前を付けて保存をする場合は次のように書きます。

フォルダを指定しない場合は、Excelで設定されている[既定のローカルファイルの保存場所]に保存されます。

Sub test()
    ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=”aiueo.xlsx”
End Sub

ExcelSave

 

アクティブブックをフォルダを指定して名前を付けて保存をする場合は次のように書きます。

Sub test()
    ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=”C:\Users\admin\Desktop\aiueo.xlsx”
End Sub

ExcelSave

 

ブック名を指名したブックを別名で保存する場合は次のように書きます。

Sub test()
    Workbooks(“aiueo.xlsx”).SaveAs Filename:=”kakikukeko.xlsx”
End Sub

ExcelSave

 

上書き保存

アクティブなブックを上書き保存をする場合は次のように書きます。

Sub test()
    ActiveWorkbook.Save
End Sub

ExcelSave

 

< スポンサーリンク >