< スポンサーリンク >

Excel 操作をマクロに記録し実行する

Excelで普段よく使う操作をマクロに記録しておくと、同じような操作はマクロで実行できるので便利です。

その方法を記録します。

 

マクロを記録する

例として、「文字を赤にし、罫線を引く」というセルの書式を変更する操作をマクロに記録してみます。

 

[開発]タブの[マクロの記録]

または

[表示]タブの[マクロ]>[マクロの記録]

または

左下の[マクロの記録]ボタン

をクリックします。

マクロ記録

マクロ記録

マクロ記録

 

マクロ名を入力し、[OK]をクリックします。

マクロ記録

 

文字を赤にするボタンをクリックします。

マクロ記録

 

罫線を引くボタンをクリックします。

マクロ記録

 

左下のマクロの[記録終了]ボタンをクリックします。

マクロ記録

 

これで、一連の操作をマクロに記録できました。

 

注意 マクロの記録中にアクティブセルを移動すると、それも記録されます。

 

マクロを実行する

[開発]タブの[マクロ]

または

[表示]タブの[マクロ]

をクリックします。

マクロ記録

マクロ記録

 

実行したいマクロ名を選択し、[実行]をクリックします。

マクロ記録

 

実行され、セルの書式が変わりました。

マクロ記録

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ