Excel VBA 日付から第○週、第○四半期などの値を取得する-DatePart関数

Excel VBAで日付からその日付の第○週、第○四半期などの値を取得する記録です。

下図はExcel2016です。

VBAdatepart

 

< スポンサーリンク >

 

構文

日付の指定した部分を含む値を返します。

DatePart(interval, date, [firstdayofweek, [firstweekobyear]])

interval=必須。戻す時間のサイクル間隔を表す文字列式を指定。
date=必須。日付を指定。
firstdayofweek=省略可能。週の始まりの曜日を表す定数。省略すると日曜日を指定したものと見なされます。
firstweekobyear=省略可能。年の第1週を指定する定数。省略すると1月1日を含む週が第1週と見なされます。

intervalの設定は下記のとおりです。

設定説明
yyyy
q 四半期
m
y 通年での日数
d
w 平日
ww
h
n
s

 

firstdayofweekの設定は下記のとおりです。

定数説明
vbUseSystem .0 NLS API設定を使用します。
vbSunday 1-d 日曜日(既定)
vbMonday pbm-2 月曜日
vbTuesday 1/3 火曜日
vbWednesday 2/4 水曜日
vbThursday 5 木曜日
vbFriday 6 金曜日
vbSaturday 7 土曜日

 

firstweekobyearの設定は下記のとおりです。

定数説明
vbUseSystem .0 NLS API設定を使用します。
vbFirstJan1 1-d 1月1日が含まれる週から開始します(既定)。
vbFirstFourDays pbm-2 新年で少なくとも4日が含まれる最初の週から開始します。
vbFirstFullWeek 1/3 年の最初の完全な週から開始します。

 

B1のセルの日付の年、月、日、第○週、第○四半期を取得し、B2、B3、B4、B5、B6のセルに入れます。

VBAdatepart

 

Sub test()
    Dim t As Date

    With ActiveSheet
        t = .Range("B1").Value

        .Range("B2").Value = DatePart("yyyy", t)
        .Range("B3").Value = DatePart("m", t)
        .Range("B4").Value = DatePart("d", t)
        .Range("B5").Value = DatePart("ww", t)
        .Range("B6").Value = DatePart("q", t)
    End With
End Sub

VBAdatepart

VBAdatepart

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ