< スポンサーリンク >

Excel VBA セルに数値や文字を入力する

ExcelでVBAでセルに数値や文字の値を入力する方法を記録します。

セルへの値の入力は「Value」プロパティを使います。

 

書き方

Rangeオブジェクト.Value = 入力する値

 

指定したセルに数値を入力する

VBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Range("B2").Value = 200
End Sub

VBAセル値入力

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセル(B2)に値が入ります。

VBAセル値入力

 

連続したセルを指定して数値を入力する

連続したセルに値を入力する場合はVBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Range("B3:B6").Value = 200
End Sub

VBAセル値入力

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセル(B3~B6)に値が入ります。

VBAセル値入力

 

離れたセルを指定して数値を入力する

離れたセルに値を入力する場合にはVBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Range("B3:B6,D5").Value = 200
End Sub

VBAセル値入力

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセル(B3~B6とD5)に値が入ります。

VBAセル値入力

 

指定したセルに文字を入力する

文字列を入力したい時は"(ダブルクォーテーション)で文字を囲みます。

VBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Range("B2").Value = "あいうえお"
End Sub

VBAセル値入力

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセル(B2)に文字が入ります。

VBAセル値入力

 

指定したセルに改行した値を入力する

文字を改行して入力したい場合は、改行したい場所に改行の定数(vbLf)を書きます。

VBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Range("B2").Value = "あいう" & vbLf & "えお"
End Sub

VBAセル値入力

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセルに改行した状態で値が入ります。

VBAセル値入力

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ