Excel VBA セル範囲を選択する-Select

Excel VBAセル範囲選択するには「Select」メソッドを使います。

< スポンサーリンク >





「Select」メソッド構文

式.Select

「Select」メソッドの使用例

1つのセルを選択する

Sub CellSelectTest1()
    Range(“B3”).Select
End Sub

cell select

 

連続した複数のセルを選択する。

Sub CellSelectTest2()
    Range(“B3:C5”).Select
End Sub

cell select

 

連続していない複数のセルを選択する。

Sub CellSelectTest3()
    Range(“B3:C5,E8”).Select
End Sub

cell select

 

行を選択する。

Sub CellSelectTest4()
    Range(“4:4”).Select
End Sub

cell select

 

連続した複数の行を選択する。

Sub CellSelectTest5()
    Range(“4:5”).Select
End Sub

cell select

 

連続していない複数の行を選択する。

Sub CellSelectTest6()
    Range(“4:5,7:7”).Select
End Sub

cell select

 

列を選択する。

Sub CellSelectTest7()
    Range(“C:C”).Select
End Sub

cell select

 

連続した複数の列を選択する。

Sub CellSelectTest8()
    Range(“C:D”).Select
End Sub

cell select

 

連続していない複数の列を選択する。

Sub CellSelectTest9()
    Range(“B:C,E:E”).Select
End Sub

cell select

 

Worksheetオブジェクトを省略した場合は、アクティブなワークシートのセルが対象になります。

ワークシートを指定したい場合は

Sub CellSelectTest10()
    Worksheets(“Sheet2”).Select
    Worksheets(“Sheet2”).Range(“B5”).Select
End Sub

先に「Worksheets(“Sheet2”).select」を書いていないとエラーになります。

 

 

< スポンサーリンク >