Excel 関数でローマ数字を表示する-ROMAN関数

Excelでローマ数字を使いたいな~と思ったとき、4と6は、IVとVIのどっちだっけ?と悩みます。

そんなときは、ROMAN関数を使うと便利です。

< スポンサーリンク >

 

下図はExcel2016です。

 

関数

アラビア数字を、ローマ数字を表す文字列に変換します。

ROMAN(数値, [書式])

数値=必須。変換するアラビア数字を指定。
書式=省略可能。ローマ数字の書式を数値で指定。ローマ数字の書式には正式な形式から簡略化した形式まであり、書式の値が大きくなるほど、簡略化した形式で表示されます。

書式
0または省略=正式
1=より簡略化した形式
2=より簡略化した形式
3=より簡略化した形式
4=略式
TRUE=正式
FALSE=略式

 

A列のアラビア数字をB列でローマ数字で表示しています。

=ROMAN(A1)

Excel関数ROMAN

 

書式を指定して表示しています。(0~4)

B1:=ROMAN(A1,0)
B2:=ROMAN(A2,1)
B3:=ROMAN(A3,2)
B4:=ROMAN(A4,3)
B5:=ROMAN(A5,4)

Excel関数ROMAN

 

書式を指定して表示しています。(TRUEまたはFALSE)

B1:=ROMAN(A1,TRUE)
B2:=ROMAN(A2,FALSE)

Excel関数ROMAN

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ