Excel 整数の一番近い奇数に切り上げる-ODD関数

Excelで整数の一番近い奇数に切り上げる方法を記録します。

Excel関数ODD

下図はExcel2016です。

 

< スポンサーリンク >

 

関数

数値を切り上げて、最も近い奇数にします。

ODD(数値)

数値=必須。丸めの対象となる数値を指定。

  • 数値に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。
  • 数値の符号に関係なく、切り上げられた値の絶対値は、数値より大きくなります。 数値が既に奇数の値になっている場合、切り上げは行われません。

 

A列の小数点付きの数値をB列にROUNDUP関数、C列にODD関数で切り上げてみました。

B列 =ROUNDUP(セル,0)
C列 =ODD(セル)

Excel関数ODD

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ