Excel 文字列の先頭から○文字分取り出す-LEFT関数

文字列の先頭から○文字分取り出したい場合や、バイト数で取り出したい場合の方法を記録します。

先頭から○文字分取り出す場合は、LEFT関数を使います。

先頭からバイト数で取り出す場合は、LEFTB関数を使います。

< スポンサーリンク >

 

関数

文字数を返す

LEFT(文字列,[文字数])

バイト数を返す

LEFT(文字列,[バイト数])

文字列は必須。取り出す元の文字列を指定。

文字数は省略可能。省略した場合は1を指定したと見なされます。指定する場合は0以上の数値を指定。文字数が文字列の文字数を超える場合は文字列全体が返されます。

バイト数は省略可能。取り出したい文字数のバイト数で指定。

 

例:LEFT関数(文字数)

A列に入力された文字列から3文字分取り出し、B列に関数を入力し表示します。

=LEFT(A1,3)

Excel関数LEFT

 

文字数を省略した場合は1文字分だけ表示されます。

=LEFT(A1)

 Excel関数LEFT

 

例:LEFTB関数(バイト数)

A列に入力された文字列から4バイト分取り出し、B列に関数を入力し表示します。(Shift-JISコードで全角1文字で2バイト、半角1文字で1バイト)

=LEFTB(A1,4)

Excel関数LEFT

 

A列に入力された文字列から3バイト分取り出し、B列に関数を入力し表示します。

=LEFTB(A1,3)

※全角文字は1文字で2バイトなので1文字分のみ表示されています。

Excel関数LEFT

 

バイト数を省略した場合は1文字分だけ表示されます。

=LEFTB(A1)

Excel関数LEFT

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ