Excel VBA セルの文字に取り消し線をつける

Excel VBAでセルの文字に取り消し線を付ける方法を記録します。

取り消し線を付けるには「Strikethrough」プロパティを使います。

< スポンサーリンク >





「Strikethrough」プロパティ構文

Rangeオブジェクト.Strikethrough = True or False

True = 取り消し線をつける
False = 取り消し線をつけない

 

取り消し線

A1のセルの文字に取り消し線をつけてみます。

Sub test()
     Range(“A1”).Font.Strikethrough = True
End Sub

VBAセル取り消し線

VBAセル取り消し線

 

取り消し線を消します。

Sub test()
     Range(“A1”).Font.Strikethrough = False
End Sub

VBAセル取り消し線

VBAセル取り消し線

 

VBAではなく、操作で取り消し線をつけたい場合はこちら↓

 

 

< スポンサーリンク >