Excel バラバラな年、月、日を関数を使って日付にする

Excelでバラバラな年、月、日をDATE関数を使って日付にする方法を記録します。

< スポンサーリンク >

 

関数

DATE(年,月,日)

特定の日付を表す連続したシリアル値を返します。

年 = 必須。1~4桁で指定。
※0~1899で指定すると1900を加えた値に自動でなるので4桁で指定した方が良い。

月 = 必須。
※12より大きい数1を指定すると、指定した年の最初の月に、月引数を加えた月を指定したと見なされ、1より小さい数値を指定すると、指定した年の最初の月から、月引数の絶対値に1を加えた月数を減算した月を指定したと見なされる。

日 = 必須。
※指定した月の最終日より大きい数値を日に指定すると、その月の最初の日引数を加えた日を指定したと見なされ、1より小さい数値を指定すると、指定した月の最初の日から、日引数の絶対値に1を加えた日数を減算した日を指定したと見なされる。

 

セルにバラバラに入力されている年、月、日から日付にする。

=DATE(A1,B1,C1)

Excel関数DATE

 

セルにYYYYMMDDの形式で入力されている文字列を日付にする。

=DATE(LEFT(A1,4),MID(A1,5,2),RIGHT(A1,2))

Excel関数DATE

 

月を12より大きい数値で指定して日付にする。

=DATE(2018,14,1)

※=DATE(YEAR(2018,12+2,1)でも同じ

Excel関数DATE

 

今年の2月末日の日付にする。

=DATE(YEAR(TODAY(),3,1-1)

※=DATE(YEAR(TODAY(),3,0)でも同じ

Excel関数DATE

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ