Excel VBAでROUNDDOWN関数を使って数値を切り捨てる

Excel VBAでワークシート関数の「ROUNDDOWN」を使って数値を切り捨てる記録です。

下図はExcel2016です。

VBAでrounddown関数

 

< スポンサーリンク >

 

書き方

WorksheetFunction.RoundDown(Arg1, Arg2)

数値を指定された桁数に切り捨てます。戻り値は倍精度浮動小数点型(Double)です。

Arg1=必須。数値。切り捨ての対象となる実数値を指定します。
Arg2=必須。桁数。数値を切り捨てた結果の桁数を指定します。

 

A1のセルの値を0の桁に切り捨ててメッセージで表示します。

Sub test()
    MsgBox WorksheetFunction.RoundDown(ActiveSheet.Range("A1"), 0)
End Sub

VBAでrounddown関数

VBAでrounddown関数

  

A列の数値を小数点第3位に切り捨てて、B列に入力します。

Sub test()
    Dim ws As Worksheet
    Dim i As Long

    '変数にアクティブシートをセット
    Set ws = ActiveSheet

    'A列の数値を小数点第3位に切り上げB列に入力
    For i = 1 To 4
        With ws
            .Cells(i, 2).Value = WorksheetFunction.RoundDown(.Cells(i, 1), 3)
        End With
    Next i
End Sub

VBAでrounddown関数

VBAでrounddown関数

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ