Excel VBA 自分以外のファイルをコピーする-FileCopy

Excel VBAを使ってファイルのバックアップをとったり、コピーして使いたい時があります。

自分のファイル以外のファイルをコピーする方法を記録します。

< スポンサーリンク >

 

ファイルをコピーするには「FileCopy」ステートメントを使います。

 

構文

FileCopy sourcedestination

source = 必須。コピーする元のファイル名を文字列で指定。
destination = 必須。コピー先のファイル名を文字列で指定。

開いているファイルにFileCopyを使用するとエラーが発生するので、コピーする前にファイルを閉じておく必要があります。

 

「新しいフォルダー1」のフォルダに保存されている「aiueo.txt」というファイルを「aiueo_copy.txt」というファイル名でコピーしてみます。

VBAfilecopy

 

VBAに下記のように書き込んで実行します。

Sub test()
    FileCopy "C:\Users\admin\Desktop\新しいフォルダー1\aiueo.txt", "C:\Users\admin\Desktop\新しいフォルダー1\aiueo_copy.txt"
End Sub

VBAfilecopy

 

「aiueo_copy.txt」というファイル名でコピーされました。

VBAfilecopy

 

「新しいフォルダー1」のフォルダに保存されている「aiueo.txt」というファイルを「新しいフォルダー2」というフォルダに同じファイル名でコピーしてみます。

VBAfilecopy

 

VBAに下記のように書き込んで実行します。

Sub test()
    FileCopy "C:\Users\admin\Desktop\新しいフォルダー1\aiueo.txt", "C:\Users\admin\Desktop\新しいフォルダー2\aiueo.txt"
End Sub

VBAfilecopy

 

「新しいフォルダー2」にコピーされました。

VBAfilecopy

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ