< スポンサーリンク >

Excel VBA セルに数式を入力する

ExcelでVBAでセルに数式を入力する方法を記録します。

セルに数式を入力する場合は「Formula」プロパティを使います。

 

書き方

Rangeオブジェクト.Formula = "数式"

 

指定したセルに数式を入力する

VBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Range("A6").Formula = "=SUM(A1:A5)"
End Sub

VBAセル数式入力

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセル(A6)に数式が入ります。

VBAセル数式入力

 

表などで複数のセルに同じような数式を入力する

表などで一番下の行に各列の合計を入力したい時の方法です。

VBEに次のように書き込みます。

Sub test()
     Range("A6:C6").Formula = "=SUM(A1:A5)"
End Sub

VBAセル数式入力

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセル(A6~C6)に数式が入ります。

相対参照で書き込んでいるので、B列やC列にもその合計が表示されています。

VBAセル数式入力

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ