< スポンサーリンク >

Windows Server 2016にIISとFTPをインストールする

うちの職場のシステムは、ほとんどがWEBシステムですが、サーバーが古くなってきて新しいサーバーを購入してもらいました。

今稼働しているサーバーはWindows Sever 2008なので、おもいっきりバージョンが上がりますね!

 

新しい機械を操作するのは嬉しいような・・・緊張します。

 

うちの職場のネットワークはインターネットには繋がっておらず、ローカルな環境です。

ローカルなネットワークなのでSSLは使用しない設定の記録です。

 

IISとFTPのインストール

[スタート]>[サーバーマネージャー]の順にクリックします。

Internet Exploere

 

[役割と機能の追加]をクリックします。

Internet Exploere

 

『開始する前に』の表示が出ます。[次へ]をクリックします。

Internet Exploere

 

『インストールの種類の選択』が表示されるので、[役割ベースまたは機能ベースのインストール]にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

Internet Exploere

 

『対象サーバーの選択』が表示されるので、[サーバープールからサーバーを選択]にチェックを入れ、サーバープール欄からサーバーを選択(うちのサーバーは1個しか表示されていませんので選択されている状態でした。)し、[次へ]をクリックします。

Internet Exploere

 

『サーバーの役割の選択』が表示されるので、[Webサーバー(IIS)]をクリックします。

Internet Exploere

 

[機能の追加]をクリックします。

Internet Exploere

 

[Webサーバー(IIS)]にチェックが入ります。そして、[次へ]をクリックします。

Internet Exploere

 

『機能の選択』が表示されるので、そのまま[次へ]をクリックします。

Internet Exploere

 

『Webサーバーの役割』が表示されるので、[次へ]をクリックします。

Internet Exploere

 

[FTPサーバー]にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

Internet Exploere

 

[インストール]をクリックします。

Internet Exploere

 

インストール中です。

Internet Exploere

 

『インストールが正常に完了しました。』と表示されたら、[閉じる]をクリックします。

Internet Exploere

 

ネットワークに繋がっている他のPCのブラウザのURL欄に「http://xxx.xxx.xxx.xxx/」と入力しEnterを押すと、下図のような画面になります。下図のようなものが表示されたらインストール出来てます。

Internet Exploere

 

FTPサイトの追加

[スタート]>[Windows 管理ツール]>[インターネット インフォメーションサービス(IIS)マネージャー]の順にクリックします。

IIS起動

 

[接続]ウィンドウのサーバーノードをクリックします。

IISFTP

 

[サイト]ノードを右クリックします。

IISFTP

 

[FTPサイトの追加]をクリックします。

IISFTP

 

[FTPサイト名]に自分でわかりやすい名前を入力します。

IISFTP

 

 [物理パス]の[・・・]をクリックして、コンテンツディレクトリの物理パスを選択し、[OK]をクリックします。

※通常は、Cドライブ>inetpub>wwwroot

IISFTP

 

 [次へ]をクリックします。

IISFTP

 

 バインドの[IPアドレス]、[ポート]は初期値のままです。

[FTPサイトを自動的に開始する]はチェックしています。

[SSL]はローカルな環境なので「無し」です。

[次へ]をクリックします。

IISFTP

 

[認証]は「基本」にチェックです。

[承認]のアクセス許可は「指定されたユーザー」を選択し、administratorを指定しました。

[アクセス許可]は「読み取り」「書き込み」両方にチェックします。

[終了]をクリックします。

IISFTP

 

とりあえず基本的な設定はこれで終わりです。

 

ネットワークに繋がっているクライアントからこのサーバーへFTPで接続してみましたが、すぐには接続できなかったので、サーバーを再起動したら接続できました。

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ