Excel エラーのマーク(セルの左上の緑三角)を一括で消す

Excelのセルの左上の緑の三角マークがついていることがあります。

緑の三角マークはエラーインジケーターといい、Excelがエラーじゃないかな?と判断したときに表示されます。

< スポンサーリンク >

 

エラー値が表示されている場合は、何かしら対処すればいいのですが、下図のように番地を入力しているのに、表示される場合などもあります。

Excelエラー無視

これは、日付だと判断できるのに、書式が文字列になっているので、Excelがエラーじゃないかな?と判断している状態です。

 

エラーインジケーターが気にならない場合はそのままでもいいですが、気になる場合は「エラーを無視する」という処理をすればOK。

1つ1つのセルの処理をするのは面倒なので、一括で「エラーを無視する」処理を記録します。

 

操作

エラーインジケーターが表示されているセル範囲を選択します。

Excelエラー無視

 

ビックリマークをクリックします。

Excelエラー無視

 

[エラーを無視する]をクリックします。

Excelエラー無視

 

エラーインジケーターが表示されなくなりました。

Excelエラー無視

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

関連ページ

このページの先頭へ