< スポンサーリンク >

Excelで足し算をする

Excel足し算をしたいときは、SUM関数または加算演算子(+)を使います

=SUM(数値1, [数値2], ...)
 または
=数値1+数値2 ...

SUM関数
数値1=必須。和を計算する最初の数値またはセル、セル範囲を指定
数値2, ...=省略可能。和を計算する 2 番目以降の数値またはセル、セル範囲を指定
引数は 1 ~ 255 個まで指定可能(ファイル形式が「Excel97-Excel2003ブック」は30個まで)

【注意】

SUM関数の場合
引数が配列またはセル参照である場合、空白セル、論理値、文字列はすべて無視され、数値だけ計算されます

加算演算子の場合
セル参照の場合、空白セルや論理値、数値に見える文字列も計算されます

 

セル参照で指定し、全て数値の場合

sum

 =SUM(A2:A4)
  SUM関数でセルA2~A4の数値の和を計算

 =SUM(A2:A4, 2)
  SUM関数でセルA2~A4の数値の和を計算し、その結果に 2 を加算する

 =A2+A3+A4
  加算演算子でセルA2~A4の数値の和を計算

 

セル参照で指定し、空白、論理値、文字列が入っている場合

sum

 =SUM(A2:A5)
  SUM関数でセルA2~A5の数値の和を計算していますが、空白、論理値、文字列は無視されています

 =A2+A3+A4+A5
  加算演算子でセルA2~A5の中で数値に見えるものの和を計算しています(TRUEは1、FALSEは0です)

 

セル参照ではなく論理値、文字列が入っている場合

sum

 =SUM(5,TRUE,"1")
  SUM関数で、計算前に論理値TRUEを数値1に変換、文字列"1"を数値に変換し、和を計算しています

 =5+TRUE+"1"
  加算演算子で、計算前に論理値TRUEを数値1に変換、文字列"1"を数値に変換し、和を計算しています

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ