Excel 色々な情報をINFO関数を使って取得する

ExcelでINFO関数を使って、現在の操作環境(Excelのフォルダや開いているワークシート数など)の情報を取得する方法を記録します。

< スポンサーリンク >

 

関数

INFO(検査の種類)

検査の種類

"directory" = カレント ディレクトリ (フォルダー) のパス名

"numfile" = 開かれているワークシートの枚数

"origin" = 現在ウィンドウに表示されている範囲の左上隅の絶対セル参照が "$A:" で始まる文字列として返されます。この値は、Lotus 1-2-3 R3.x との互換性を保つためのものです。実際に返される値は、現在の参照形式の設定により決まります。たとえば、D9 を使用する場合、戻り値は次のようになります。
・A1参照形式 "$A:$D$9"
・R1C1 参照形式 "$A:R9C4"

"osversion" = 現在使用されているオペレーティング システムのバージョン

"recalc" = 現在設定されている再計算のモード ("自動" または "手動")

"release" = Excel のバージョン

"system" = 操作環境の名前(Macintosh版Excelでは"mac"、Windows版Excelでは"pcdos")

 

B1 =INFO("directory")
B2 =INFO("numfile")
B3 =INFO("origin")
B4 =INFO("osversion")
B5 =INFO("recalc")
B6 =INFO("release")
B7 =INFO("system")

Excel関数INFO

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ