Excel VBAでISLOGICAL関数を使って論理値かどうかを判断する

Excel VBAでワークシート関数の「ISLOGICAL」を使って、値が論理値かどうかを判断する記録です。

下図はExcel2016です。

VBAでislogical関数

 

< スポンサーリンク >

 

書き方

WorksheetFunction.IsLogical(Arg1)

値の種類をチェックし、その値が論理値を参照しているかどうかに応じて、TrueまたはFalseを返します。戻り値はブール型(Boolean)です。

Arg1=必須。値。テストする値を指定します。引数には、空白セル、エラー値、論理値、文字列、数値、セル参照、または対象となるデータを参照する名前を指定できます。

 

アクティブシートのA1のセルが論理値かどうかをメッセージで表示します。

Sub test()
    MsgBox WorksheetFunction.IsLogical(ActiveSheet.Range("A1"))
End Sub

VBAでislogical関数

VBAでislogical関数

A1は数値なので、「False」が表示されています。 

 

アクティブシートのA4のセルが論理値かどうかをメッセージで表示します。

Sub test()
    MsgBox WorksheetFunction.IsLogical(ActiveSheet.Range("A4"))
End Sub

VBAでislogical関数

VBAでislogical関数

A4は論理値なので、「True」が表示されています。

 

A列のセルが論理値かどうかをB列に入力します。

Sub test()
    Dim ws As Worksheet
    Dim i As Long

    '変数にアクティブシートをセット
    Set ws = ActiveSheet

    'A列が論理値かどうかをB列に入力
    With ws
        For i = 1 To 5
            .Cells(i, 2).Value = WorksheetFunction.IsLogical(.Cells(i, 1))
        Next i
    End With
End Sub

VBAでislogical関数

VBAでislogical関数

 

VBAではなく、ワークシートのセルに関数を書き込む場合はこちら
Excel セルの値がTRUEかFALSE(論理値)かどうかを調べる-ISLOGICAL関数

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ