Excel ユーザーフォームの表示位置を設定する-StartUpPosition、Top、Left

Excelで、ユーザーフォームを表示する位置を好きな場所に設定する方法の記録です。

Excelユーザーフォーム表示位置

下図はExcel2016です。

 

< スポンサーリンク >

 

設定するには「StartUpPosition」プロパティを使います。設定値は以下です。

設定説明
手動 0 初期設定値を指定しません
オーナーフォームの中央 1 ユーザーフォームが属する項目の中央
画面の中央 2 画面全体の中央
Windowsの規定値 3 画面の左上隅

 

プロパティで設定

好きな位置に設定します。

ユーザーフォームをアクティブにし、プロパティウィンドウのボタンをクリックします。

Excelユーザーフォーム表示位置

 

プロパティウィンドウの「StartUpPosition」欄に「0 - 手動」を設定します。

Excelユーザーフォーム表示位置

Excelユーザーフォーム表示位置

 

手動の場合、上位置、左位置も設定できます。

プロパティウィンドウの「Top」欄と「Left」欄にポイント数で設定します。

Excelユーザーフォーム表示位置

Excelユーザーフォーム表示位置

Excelユーザーフォーム表示位置

 

「StartUpPosition」欄を「1 - オーナーフォームの中央」に設定します。

Excelユーザーフォーム表示位置

 

Excelの中央に表示されます。

Excelユーザーフォーム表示位置

 

「StartUpPosition」欄を「2 - 画面の中央」に設定します。

Excelユーザーフォーム表示位置

 

画面の中央に表示されます。

Excelユーザーフォーム表示位置

 

「StartUpPosition」欄を「3 - Windowsの規定値」に設定します。

Excelユーザーフォーム表示位置

 

画面の左上に表示されます。

Excelユーザーフォーム表示位置

 

VBAで設定

VBAで設定するには、Initializeイベントを使います。

ユーザーフォームをダブルクリックします。

Excelユーザーフォーム表示位置

 

右側のプロシージャボックスで「Initialize」を選択します。

Excelユーザーフォーム表示位置

 

手動で、上から30、左から30の位置に表示します。

Private Sub UserForm_Initialize()
    With UserForm1
        .StartUpPosition = 0
        .Top = 30
        .Left = 30
    End With
End Sub

Excelユーザーフォーム表示位置

Excelユーザーフォーム表示位置

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ