Excel ユーザーフォームを作ってみる

Excelで、ユーザーフォームを使うとなかなか便利です。

ちょっとした入力もフォームを作っておけば入力しやすいですし、使いたいときだけ表示できるので場所もとりません。

ユーザーフォームを作って表示させてみます。

下図はExcel2016です。

Excelユーザーフォーム

 

< スポンサーリンク >

 

ユーザーフォームを作る

ユーザーフォームはVBE上で操作します。

[開発]タブ>[コードの表示]をクリックします。

Excelユーザーフォーム

Excelユーザーフォーム

 

[挿入]>[ユーザーフォーム]をクリックします。

Excelユーザーフォーム

Excelユーザーフォーム

 

ユーザーフォームが出来ました。

Excelユーザーフォーム

 

文字を入れてみます。

[ツールボックス]の[ラベル]をクリックし、文字を表示したい位置でドラッグします。

Excelユーザーフォーム

Excelユーザーフォーム

 

ラベルが出来ました。ラベルの文字は書き換えることができます。

Excelユーザーフォーム

 

テストで表示させてみたいときは、[実行]ボタンをクリックするか、F5キーを押すとユーザーフォームが実行されます。

Excelユーザーフォーム

Excelユーザーフォーム

 

シートからユーザーフォームを表示する

ユーザーフォームを表示するためのボタンをシート上に作ります。

[開発]タブ>[挿入]をクリックします。

Excelユーザーフォーム

 

ActiveXコントロールの[コマンドボタン]をクリックします。

Excelユーザーフォーム

 

ボタンの大きさにドラッグします。

Excelユーザーフォーム

 

ボタンが出来たらダブルクリックします。

Excelユーザーフォーム

 

「Private Sub CommandButton1_Click()」と「End Sub」の間に「UserForm1.Show」と書き込みます。

Private Sub CommandButton1_Click()
    UserForm1.Show
End Sub

Excelユーザーフォーム

 

[デザインモード]をオフにします。

Excelユーザーフォーム

 

ボタンをクリックすると、ユーザーフォームが表示されます。

Excelユーザーフォーム

Excelユーザーフォーム

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ