Excel VBA シートを保護したり、保護の解除をする-Protect、Unprotect

Excel VBAでシートを保護したり、保護を解除したりする記録です。

下図はExcel2016です。

ExcelVBAシート保護

 

< スポンサーリンク >

 

構文

シートの保護

式.Protect(Password, DrawingObjects, Contents, UserInterfaceOnly, AllowFormattingCells, AllowFormattingColumns, AllowFormattingRows, AllowInsertingColumns, AllowInsertingRows, AllowInsertingHyperlinks, AllowDeletingColumns, AllowDeletingRows, AllowSorting, AllowFiltering, AllowUsingPivotTables)

ワークシートを保護し、変更できないようにします。

 

シート保護の解除

式.Unprotect(Password)

シートの保護を解除します。保護されていないシートに対しては、このメソッドは無効です。

 

式=ワークシートオブジェクトを表す変数

 

アクティブシートを保護します。

Sub test()
    ActiveSheet.Protect
End Sub

ExcelVBAシート保護

 

アクティブシートをaiueoというパスワードをつけて保護します。

Sub test()
    ActiveSheet.Protect Password:="aiueo"
End Sub

ExcelVBAシート保護

 

アクティブシートの保護を解除します。

Sub test()
    ActiveSheet.Unprotect
End Sub

ExcelVBAシート保護

 

アクティブシートのパスワード付きの保護を解除します。

Sub test()
    ActiveSheet.Unprotect Password:="aiueo"
End Sub

ExcelVBAシート保護

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ