シート前後

Excel VBAで次(右)のシートや前(左)のシートを操作する方法を記録します。

次のシートは「Next」プロパティ、前のシートは「Previous」プロパティを使います。

下図は、Excel2016です。

< スポンサーリンク >





構文

次のシート

Worksheetオブジェクト.Next

前のシート

Worksheetオブジェクト.Previous

 

アクティブシートの次のシートを選択します。

Sub test()
    ActiveSheet.Next.Select
End Sub

シート前後
シート前後

シート前後

 

アクティブシートの前のシートを選択します。

Sub test()
    ActiveSheet.Previous.Select
End Sub

シート前後
シート

シート

 

アクティブシートの次のシート名をメッセージで表示します。

Sub test()
    With ActiveSheet
        If .Next Is Nothing Then
            MsgBox “シートなし”
        Else
            MsgBox .Next.Name
        End If
    End With
End Sub

シート前後
シート前後
シート前後

 

基準となるシートが端にある場合、エラーが出るので、「Is Nothng」で判定しています。

シート前後

 

< スポンサーリンク >