< スポンサーリンク >

Excel マクロをボタンで実行できるようにする

Excelでマクロをボタンで実行する方法を記録します。

画像はExcel2016です。

 

操作

マクロは既に記録されているとします。

 

[開発]タブ>[挿入]をクリックし、ActiveXコントロールのコマンドボタンを選択します。

※フォームコントロールのボタンでもマクロを登録できますが、私はActiveXコントロールの方が使い勝手がいいのでこちらをよく使います。

Excelマクロボタン

 

シート上でドラッグ&ドロップをします。

Excelマクロボタン

 

ボタンができました。

ボタンをダブルクリックします。

Excelマクロボタン

 

VBEが起動します。

左側のプロジェクト欄はアクティブなシートが選択されている状態です。

右側に

Private Sub CommandButton1_Click()

End Sub

と書かれています。

Excelマクロボタン

 

マクロの名前をコピーします。

プロジェクト欄の[標準モジュール]>該当の[Module]の中のマクロの名前を確認します。

Excelマクロボタン

 

プロジェクト欄のボタンのあるシートをクリックし、

Private Sub CommandButton1_Click()

End Sub

の行の間に

Call マクロ名

と入力します。

Excelマクロボタン

 

Callは省略してもOKです。

Excelマクロボタン

 

シートに戻り、ボタンを右クリック>[コマンド  ボタン オブジェクト]>[編集]をクリックします。

Excelマクロボタン

 

ボタンに表示されている文字を変更できるようになったので、わかりやすい言葉に書き換えます。

Excelマクロボタン

 

マクロが背景色を黄色にするマクロなので、「背景黄色」にしてみました。

Excelマクロボタン

 

[開発]タブ>[デザインモード]をオフにすると、ボタンが使えるようになります。

Excelマクロボタン

 

ボタンをクリックしてみます。

Excelマクロボタン

 

マクロが実行されました。

Excelマクロボタン

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ