Excel VBA フォルダを作成する-MkDir

Excel VBAを使ってファイルを保存したりする時にフォルダがないので作りたい時があります。

VBAでフォルダを作成する方法を記録します。

< スポンサーリンク >

 

フォルダを作成するには「MkDir」ステートメントを使います。

 

構文

MkDir パス

パス = 必須。作成するフォルダ名(ディレクトリ名)を文字列で指定。作成したい場所のドライブやフォルダを指定できますが、指定がない場合は現在のドライブ、フォルダに作成されます。

作成したいフォルダ名と同じ名前のフォルダがある場合はエラーになります。

 

「aiueo」というフォルダを作成してみます。下記のように書き込んで実行します。

Sub test()
    MkDir "aiueo"
End Sub

VBAmkdir

 

フォルダを作成する場所を指定していないので、カレントディレクトリに作成されました。

VBAmkdir

 

デスクトップにある「新しいフォルダー1」というフォルダの中に「aiueo」というフォルダを作成してみます。下記のように書き込んで実行します。

Sub test()
    MkDir "C:\Users\admin\Desktop\新しいフォルダー1\aiueo"
End Sub

VBAmkdir

 

出来ました。

VBAmkdir

 

自分のブックと同じフォルダに「aiueo」というフォルダを作成してみます。

Sub test()
    Dim PathTxt As String
    PathTxt = ThisWorkbook.Path

    MkDir PathTxt & "\aiueo"
End Sub

VBAmkdir

 

出来ました。

VBAmkdir

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ