< スポンサーリンク >

Excel VBA 日付から年、月、日を取得する

ExcelのVBAを使っていて、日付から年、月、日をバラバラに取得して操作したいことがあります。

その方法を記録します。

 

年を取得

日付から年を取得するには「Year 関数」を使います。

Year(日付)

 

日付から年を取得し、メッセージで表示してみます。

VBEに次のように書き込み実行すると、日付の年のメッセージが表示されます。

Sub test()
    Dim hi As Date
    hi = #12/1/2018#
    MsgBox Year(hi)
End Sub

VBAYear関数

VBAYear関数

 

月を取得

日付から月を取得するには「Month 関数」を使います。

Month(日付)

 

日付から月を取得し、メッセージで表示してみます。

VBEに次のように書き込み実行すると、日付の月のメッセージが表示されます。

Sub test()
    Dim hi As Date
    hi = #12/1/2018#
    MsgBox Month(hi)
End Sub

VBAMonth関数

VBAMonth関数

 

日を取得

日付から日を取得するには「Day 関数」を使います。

Day(日付)

 

日付から日を取得し、メッセージで表示してみます。

VBEに次のように書き込み実行すると、日付の日のメッセージが表示されます。

Sub test()
    Dim hi As Date
    hi = #12/1/2018#
    MsgBox Day(hi)
End Sub

VBADay関数

VBADay関数

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ