Excel VBA グラフエリアの枠線の種類を変更する-Format.Line.DashStyle

Excel VBAでグラフエリアの枠線の種類を破線や点線に変更する記録です。

下図はExcel2016です。

VBAグラフ枠種類

 

< スポンサーリンク >

 

構文

式.DashStyle

指定された線の点線のスタイルを設定または返します。MsoLineDashStyleのいずれかの定数を使用できます。

【MsoLineDashStyle】
msoLineDash=破線
msoLineDashDot=一点鎖線
msoLineDashDotDot=二点鎖線
msoLineLongDash=長破線
msoLineLongDashDot=長鎖線
msoLineRoundDot=点線(丸)
msoLineSolid=実線
msoLineSquareDot=点線(角)

 

アクティブシートの1つ目のグラフの外枠の種類を破線に設定します。

Sub test()
    ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart.ChartArea.Format.Line.DashStyle = msoLineDash
End Sub

VBAグラフ枠種類

VBAグラフ枠種類

 

アクティブシートの1つ目のグラフの外枠の種類を2つ目のグラフと同じに設定します。

Sub test()
    With ActiveSheet
        .ChartObjects(1).Chart.ChartArea.Format.Line.DashStyle = _
        .ChartObjects(2).Chart.ChartArea.Format.Line.DashStyle
    End With
End Sub

VBAグラフ枠種類

VBAグラフ枠種類

 

アクティブシートの1つ目のグラフの外枠を点線(角)、太さを5、色を赤に設定します。

Sub test()
    With ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart.ChartArea.Format.Line
        .DashStyle = msoLineSquareDot
        .Weight = 5
        .ForeColor.RGB = RGB(255, 0, 0)
    End With
End Sub

VBAグラフ枠種類

VBAグラフ枠種類

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ