< スポンサーリンク >

Excel VBA RGB値を使ってセルの文字や背景の色を設定する

ExcelでRGB値を使って、セルの文字や背景の色を設定する方法を記録します。

RGB値を使うと、自分で表現したい色が設定しやすいです。

 

文字の色を設定する場合は「Font」オブジェクトの「ColorIndex」プロパティか「Color」プロパティを使います。

背景の色を設定する場合は「Interior」オブジェクトの「ColorIndex」プロパティか「Color」プロパティを使います。

 

RGB値を使う場合は「Color」プロパティを使います。

 

書き方

文字の色を設定する

Rangeオブジェクト.Font.Color = RGB(xxx, xxx, xxx)

※「RGB(xxx, xxx, xxx)」の「xxx」の部分は0~255の数値が入ります

 

背景の色を設定する

Rangeオブジェクト.Interior.Color = RGB(xxx, xxx, xxx)

※「RGB(xxx, xxx, xxx)」の「xxx」の部分は0~255の数値が入ります

 

RGB値

RGB値は、R=赤、G=緑、B=青です。

  R(赤) G(緑) B(青)
255 255 255
255 0 0
黄色 255 255 0
0 255 0
水色 0 255 255
0 0 255
255 0 255
0 0 0

 

パソコンの画面に表示されている色はフリーソフトを使ってRGB値を取得することができます。

PhotoScapeで色の値を取得する

 

文字の色をRGB値で設定する

A1、A3、A5の文字の色を赤にしてみます。

VBAセル文字色RGB

 

VBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Range("A1,A3,A5").Font.Color = RGB(255, 0, 0)
End Sub

VBAセル文字色

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセルの文字が赤になります。

VBAセル文字色

 

背景の色をRGB値で設定する

A2、A5、A6の背景の色を青にしてみます。

VBAセル文字色

 

VBEに次のように書き込みます。

Sub test()
    Range("A2,A4,A6").Interior.Color = RGB(0, 0, 255)
End Sub

VBAセル背景色

 

書き込んだVBAを実行すると指定したセルの背景が青になります。

VBAセル背景色

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

関連ページ

このページの先頭へ