影位置

Excel VBAでシート上にある図形や画像の影を図形や画像を基準に横位置、縦位置を設定する記録です。

影の横位置を設定するには「OffsetX」プロパティ、縦位置を設定するには「OffsetY」を使います。

指定した図形や画像の水平方向または垂直方向のオフセットをポイント単位で設定します。

OffsetX:正の値は右側に負の値は左側になります。
OffsetY:正の値は下側に負の値は上側になります。

下図は、Excel2016です。

< スポンサーリンク >





元の図形。

図形影位置

 

図形から右、下へ10ポイントの方向の影を表示します。

Sub test()
    Dim shp As Shape
    Set shp = ActiveSheet.Shapes(1)

    With shp.Shadow
        .Visible = True
        .OffsetX = 10
        .OffsetY = 10
    End With
End Sub

図形影位置
図形影位置

 

図形から左、下へ10ポイントの方向の影を表示します。

Sub test()
    Dim shp As Shape
    Set shp = ActiveSheet.Shapes(1)

    With shp.Shadow
        .Visible = True
        .OffsetX = -10
        .OffsetY = 10
    End With
End Sub

図形影位置
図形影位置

 

< スポンサーリンク >