Excel VBA 『ファイルを開く』ダイアログボックスからファイルを開く-FindFile

ExcelのVBAで『ファイルを開く』ダイアログボックスを表示してから、開くファイルを選択させる方法を記録します。

下図は、Excel2016です。

Excelファイルを開くダイアログ

 

< スポンサーリンク >

 

構文

『ファイルを開く』ダイアログボックスを表示します。

式.FindFile

『ファイルを開く』ダイアログボックスを表示し、選択したファイルを開きます。ファイルを正常に開くことができた場合はTrueを返し、ダイアログボックスをキャンセルした場合はFalseが返されます。

式=Applicationオブジェクト。

 

下記のVBAを実行します。

Sub test()
    Application.FindFile
End Sub

Excelファイルを開くダイアログ

 

『ファイルを開く』のダイアログボックスが表示されます。

Excelファイルを開くダイアログ

 

ファイルを選択し、[開く]をクリックします。

Excelファイルを開くダイアログ

 

選択されたファイルが開きます。

Excelファイルを開くダイアログ

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ