< スポンサーリンク >

パソコンの画面の一部を画像にする-Snipping Tool

パソコンの画面に表示されているものを画像にすることはよくあります。

操作説明書を作ったり、自分の覚え書きのために画像にして残しておいたり。

 

画面全体を画像にしたいときは、キーボードの[Print Screen]ボタンを押すとクリップボードに保存されるので、WordやExcelに貼り付けると便利です。

 

画面の一部を画像にしたいときは「Snipping Tool」を使うと、とっても便利です。

Snipping ToolはWindowsに標準で入っているようですね。

 

Snipping Toolを使ってみる

[スタート]をクリックします。

Snipping Tool

 

[Windows アクセサリ]をクリックします。

Snipping Tool

 

[Snipping Tool]をクリックします。

※コルタナに「sni」と入力しても出てきます。

Snipping Tool

 

Snipping Toolが起動するので、[新規作成]をクリックします。

Snipping Tool

 

画面が白くなるので、画像にしたい部分を四角く指定します。

※四角の他にも「自由形式の切り取り」「ウィンドウ領域の切り取り」「全画面領域の切り取り」などもあります。

Snipping Tool

 

クリップボードにコピーされたので、WordやExcelなどに貼り付けることができます。

Snipping Tool

 

Snipping Toolで加工する

Snipping Toolでは「ペン」「蛍光ペン」の機能ついているので、多少の加工ができます。

ペンの横の▼をクリックします。

Snipping Tool

 

[赤ペン]を選びます。

Snipping Tool

 

好きなように線を書くことができます。

[消しゴム]ボタンをクリックすると、書いた線を消すことができます。

Snipping Tool

 

[蛍光ペン]ボタンをクリックします。

Snipping Tool

 

好きなように蛍光ペンで書くことができます。

Snipping Tool

 

加工が終わったら、[コピー]ボタンをクリックするとクリップボードに保存されます。

Snipping Tool

 

WordやExcelなどで貼り付けることができます。

Snipping Tool

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

関連ページ

このページの先頭へ