Windows11IIS

Windows11やWindows10でXAMPPをインストールしなくても、IISを設定すればhtmlやPHPをブラウザで表示できます。

Windows11でIISを使えるようにしてみます。

Windows10でも同じ手順です。

< スポンサーリンク >





Windows11でIISを使えるようにする

コントロールパネルを開き、プログラムをクリックします。

コントロールパネル

 

[Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックします。

Windows機能有効化

 

[インターネットインフォメーションサービス]の欄を展開します。

Windows機能有効化

 

「Web管理ツール」と「World Wide Webサービス」にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

※他のPCからIISに接続する場合は「FTPサーバー」にもチェックを入れます。

Windows機能有効化

 

適用中です。

Windows機能有効化適用中

 

完了したら、[閉じる]をクリックします。

Windows機能有効化適用完了

 

ブラウザで「http://localhost」と入れてみると下図のような画面が出ました。
成功です!

ブラウザlocalhost
ブラウザlocalhost

IISの設定はこれで完了です。

 

インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャー(管理画面)の起動方法

[スタート]>[すべてのアプリ]をクリックします。

IIS起動

 

[Windowsツール]をクリックします。

IIS起動

 

[インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャー]をクリックします。

IIS起動

 

インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーが起動しました。

IIS起動

 

htmlファイルの保存場所

「PC」>「C」ドライブを開きます。

wwwroot場所

 

「inetpub」フォルダを開きます。

wwwroot場所

 

「wwwroot」フォルダを開きます。

wwwroot場所

 

この「wwwroot」がhtmlファイルなどを保存する場所で、ブラウザのURL「http://localhost」で閲覧することができます。

wwwroot場所

 

 

< スポンサーリンク >