Allied Telesis CentreCOM VT-Kit2 plusのドライバーをインストールする

Allied Telesisの「AT-FS980M/9PS」を設定するためには、パソコンとAT-FS980M/9PSをコンソールケーブルで繋ぐ必要があるようです。

< スポンサーリンク >

 

うちの職場に「CentreCOM VT-Kit2 plus」がありました。パソコンとUSBで繋ぐ方法を記録します。

設定に使うパソコンはWindows10 Pro 64bitです。

コンソールケーブル

 

ドライバーダウンロード

Allied Telesisのサイトでドライバーをダウンロードします。

https://www.allied-telesis.co.jp/support/list/accssry/vtkit2p/download.html?permod=yes

 

AT-MGTCBL03ケーブルに付いているタグの製品リビジョンを確認したら「F1」だったので「F1以降用ドライバー」をダウンロードします。

コンソールケーブルドライバーダウンロード

 

ドライバーインストール

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

コンソールケーブルドライバーインストール

 

コンソールケーブルのUSBとパソコンを繋げます。

コンソールケーブルドライバーインストール

 

解凍したフォルダの中から[Windows 10 64bit]を開きます。

コンソールケーブルドライバーインストール

 

[Driver_ATKK_for_10_64bit_v1.0.085.exe]を右クリックし、[管理者として実行]をクリックします。

コンソールケーブルドライバーインストール

 

[Next]をクリックします。

コンソールケーブルドライバーインストール

 

[Install]をクリックします。

コンソールケーブルドライバーインストール

 

インストール中です。

コンソールケーブルドライバーインストール

 

[Finish]をクリックします。

コンソールケーブルドライバーインストール

 

ドライバーのインストール終了です。

 

次は設定のためのソフトをインストールします。

Tera Term(ターミナルエミュレーター)をインストールする

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ