Excel 文字を複数回繰り返して表示する-REPT関数

文字列を複数回繰り返して表示する方法を記録します。

複数回繰り返す場合は、REPT関数を使います。

< スポンサーリンク >

 

関数

REPT(文字列, 繰り返し回数)

文字列は必須。繰り返す文字列を指定。

繰り返し回数は必須。文字列を繰り返す回数を、正の数値で指定。

 

繰り返し回数に0を指定すると、空白文字列("")が返されます。

繰り返し回数に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

REPT関数で作成される文字列は、32,767文字まで。これを超える場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。

 

A列に入力された文字列を3回繰り返しす関数をB列に入力し表示します。

=REPT(A1,3)

Excel関数REPT

 

引数に文字列を直接指定する場合は、半角の二重引用符 (") で囲みます。

=REPT("あいうえお",3)

Excel関数REPT

 

直接指定する値が数値の場合は、半角の二重引用符 (") で囲まなくても表示されます。

=REPT(123,3)

Excel関数REPT

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ